スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚と「自分史」






1年目の「紙婚式」から始まって25周年は「銀婚式」、50周年は「金婚式」と、
素材が2人の絆のごとくドンドン固くなり、60周年は「ダイヤモンド婚式」などとも言われます。





「結婚したら、それからの人生のほうが長い。

ゆえに自分史は、夫婦の歴史とも言える」。






それだけに、それぞれの記念日にふたりの歩みを「自分史」として残してみる、
あるいは親の結婚記念日に「自分史」をプレゼントするというのもまた、一興ではないでしょうか。




終りは始まり

↑ クリックしていただけたら嬉しいです!



スポンサーサイト

コメント

質問

ネイティブが毎日英語とフランス語の間違いがないか確認していてくれていますが、日々のURLを送るたびに坪田さんの顔写真が一緒についていくので、皆がおかしい削除しなさいと言いました。どうしても変更うすることができなかったのでいったんブロとも削除させてもらいましたがそれでもやはりプロフィールの写真が私のではなくて坪田さんのになってしまます。
どうしてか理由を教えて頂ければ助かります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

みんなの歴史 編集部

Author:みんなの歴史 編集部
こんにちは!

 対話型自分史作成サービスを手がける「みんなの歴史 編集部」、代表の坪田康佑(つぼたこうすけ)です。

 これまで私は約11年間にわたり、中小企業情報誌の編集長を務めてきました。在籍時には大手企業経営者や文化人、タレント、アスリートといった著名な方々を取材させていただき、また、3000名を超える中小企業経営者の対談記事を制作してきました。そのなかで培った記事作成のノウハウを生かし、今は皆様の「自分史制作」をサポートしています。

 自分史は、万人が目を通すものではありません。でも、あなたの大切な人ならきっと読んでくれるはずです。そして、これからつくるあなたの記事を読んだ誰かの人生を好転させることができたら、また好影響を及ぼすことができたなら、これってなんだか面白いことだと思いませんか?

 もしあなたの人生が輝かしいものであるなら、ぜひそれを形にするお手伝いをさせてください。気軽にご連絡をいただけたら、本当にうれしく思います。

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。